多文化共生サークルsmile 文化交流会(番外編)

多文化共生サークルsmile 文化交流会(番外編)
日本の難民事情
~気づき・学び・考え・つながろう~

本当の多文化共生社会を考えるには、様々な人と出会い、様々な考えを知るべきで。
例えば、難民。メディアでは流れないけど、本当は重要な問題のひとつじゃないかな。
「名古屋って難民が多い地域なんだよね~」
「自由を求めてきたはずなのに、監獄(=入管)に入れられるなんて…」
えっ!? 名古屋に難民が?…っていうか、日本に難民がいるの!?
日本にいる難民は、どこにいるの?どんな扱いを受けているの?どんな生活をしているの??

知らなかった事実にふれ、気づき・学び・考え・つながりませんか。
関西で難民支援を行っている「RAFIQ」の代表、青木 孝嗣さんをゲストに迎え、日本の難民の現状やアフガン訪問などの活動報告をどんどん聴きましょう。
そして、一緒に考えましょう。

コーディネーターは名古屋NGOセンター開発教育ファシリテーターの桜井 温子さん。
このような多文化共生サークルsmileの文化交流会(番外編)、皆様の参加を待っています。


日時:2005年1月22日(土曜日) 6時半~9時   
     
場所:なごやボランティアNPOセンター 集会室   
* 地下鉄・伏見6番出口より、南(大須方面)へ徒歩5分ほど。
* 一階に消防車があるビル(伏見ライフプラザ)の12Fです。
会費:300円(会場費、資料代)

コーディネーター:桜井温子(名古屋NGOセンター開発教育ファシリテーター)

ゲスト:青木孝嗣(RAFIQ・在日難民との共生ネットワーク代表)

〈プロフィール〉
9.11後に活動開始。初海外でアフガン。帰国後、RAFIQを立ち上げ、西日本入国管理センターの処遇改善や法務省への申し入れ、日本・アフガンの小学生交流プロジェクト、アフガン報告など行う。

問い合わせ:HP → http://www.n-smile.org
メール→ shocchin0124@hotmail.com 希代翔(smile代表)
[PR]
# by SNOJIMA2 | 2005-01-22 18:30 | 県外情報

外国にルーツをもつ子どもたちへのサポートセミナー箕面市

外国にルーツをもつ子どもたちへのサポートセミナー (全3回)
場所:箕面市国際交流協会(箕面市役所豊川支所2階)


渡日の日本語を母語としない子どもたちは、家庭や学校で生活を送る上で、どのような喜び、悲しみ、悩みをもっているでしょうか?
学校、日本語教室、地域でサポートしている人があつまり、実情や課題、工夫できることを学び、考えあいます。


●日時:①2005年1月14日(金)午後7時~9時
       「異文化について学ぶワークショップ」
       ODEN:大阪多様性教育ネットワーク 中まつ美智子さん、西垣光代さん


     ②1月28日(金)午後7時~9時
      「多文化な子どもたちの現状、母語とアイデンティティについて」
       帝塚山大学教授 太田晴雄さん

     ③2月4日(金)午後7時~9時
      「サポートの現場から 生活言語と学習言語などについて」
       大阪外大JFCボランティアチーム アドバイザー 加藤恵美子さん
    
     ※1回のみの参加もできます。

●場所:箕面市国際交流協会(箕面市役所豊川支所2階)
     <アクセス>
     「千里中央」から阪急バス(5番乗場)、または阪急「北千里駅」から阪急バス(5・6番乗場<粟生団地、外大前、間谷住宅 行>)で「豊川支所前」下車 徒歩1分
     阪急「石橋駅」、またはJR「茨木駅」から阪急バスで「小野原」下車 徒歩5分
●参加費:無料
●主催:箕面市、(財)箕面市国際交流協会
●後援:箕面市人権教育研究会、箕面市在日外国人教育研究会
●助成:(財)自治総合センター
●問合せ/申込み:下記申込み内容をTEL、FAX、E-mailにて(財)箕面市国際交流協会まで
            TEL 072-727-6912 FAX 072-727-6920 E-mail info@mafga.or.jp

●講師や所属する団体の紹介
◇ODEN(大阪多様性教育ネットワーク)では、多様性教育のワークショップをしたり、職場・地域の学習会にファシリテーターを派遣します。
多様性教育とは、人が抱いているさまざまな偏見と戦い、差別のない世界創造を追及するための教育です。制度によって支持されたり、認められたり、強制されたりしたある集団に対する偏見、「○○差別」「○○主義」の中には、部落差別・人種差別・性差別・ユダヤ人差別・年齢差別・同性愛者差別・障害者差別・階級差別などさまざまなものが含まれます。
子どもにせよ大人にせよ、人はそうした「○○差別」を教え込まれ吸収してきました。多様性教育を通じ、参加者は、それを責められることなく、もっと正確で偏見のない情報を提供され、自分自身や他者を変える力が自分にあることを信じられるように支援されて初めて、自分の差別意識をぬぐうことが可能であると気づくのです。自覚から行動につながる学習をワークショップで行います。 (ホームーページより抜粋 http://www5d.biglobe.ne.jp/~oden/)

◇太田晴雄さんは現在、帝塚山大学人文科学部教授で、著書には『日本人の国際化』(日本経済新聞社、1990年)、『世界の学校』(福村出版、1995年)、『多文化教育』(明石書店、1998年)、『ニューカマーの子どもと日本の学校』(国際書院、2000年)などがあります。
日本語を母語としない子どもが多く通う愛知県豊橋市で実施したフィールドワークなどを元に、日本の学校の中の子どもたちや、学校教育をめぐる諸問題についてお話いただきます。

◇大阪外大JFCボランティアチームは、公立の小・中学校に在籍する日本語学習や教科学習の支援を必要としている外国人児童生徒のためにボランティアを行っている団体です。
このボランティアチームの名前がJFC(Japanese For Children)となっているのはこのためです。大阪外国語大学の学部生、院生が中心となり、大学で学んだ知識を生かし、外国人児童生徒への日本語・教科支援を通じて地域に貢献したいという目標を持って立ち上げました。
今年度のメンバーは40名で、現在は箕面市、茨木市内の小・中学校での日本語学習・教科学習支援に取り組んでいます。 (ホームページより抜粋 http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Circle/5370)
そのグループのアドバイザーとして関わっている加藤恵美子さんにサポートの現場についてお話いただきます。

          ●●申込み●●

  お名前
  所属
  参加希望日 ( )1/14 ( )1/28 ( )2/4
  連絡先(もしよろしければ) TEL
                   FAX
                   E-mail

 
*******************************************
財団法人箕面市国際交流協会(MAFGA) 担当:森井、今峰
Minoh Association for Global Awareness
〒562-0023 大阪府箕面市粟生間谷西1-2-1
TEL 072-727-6912 FAX 072-727-6920
E-mail info@mafga.or.jp
HP http://www.mafga.or.jp
開所 月~土曜日9:00~17:15(祝日、年末年始除く)
*******************************************
[PR]
# by SNOJIMA2 | 2005-01-14 19:00 | ・講座・講習

多文化共生検討会(鈴鹿)

 外国人住民が多数居住する鈴鹿市では,ボランティア,在住外国人,自治会,行政等が連携し,異なる国籍や文化的背景をもった人々が,それぞれの多様性を認め合いながら,地域の一員として尊重し,協力しあい,安心していきいきと暮らせる多文化共生社会づくりを進めたいと考えています。

平成14年度から,このことについて話し合うため,これらの有志が集まり,これまでに計22回の検討会を開催してきましたが,第23回の検討会を開催しますので,下記のとおりお知らせします。

この検討会は,毎回オープンで議論を行っており,この問題に関心のある方々の積極的な参加を歓迎します。
参加にあたっての手続きは,特に必要ありませんので,当日会場に直接お越しください。

                       記

1日 時:平成17年1月14日(金)19:00~21:00

2場 所:神戸コミュニティセンター 2階多目的ホール(神戸九丁目24-52)

3テーマ:市長と話そう「外国人から見た鈴鹿」
      外国人児童学習支援センター
      各種イベント等の紹介 他

 多文化共生社会の実現へ向けて
[PR]
# by SNOJIMA2 | 2005-01-14 19:00

2005身近な国際協力フェアトレード 理論編 (名古屋)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  2005身近な国際協力フェアトレード 理論編
       ~フェアトレードってなあに?~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

身近な国際協力の手法として注目を集めるフェアトレードについての連続講座を行います。フェアトレードとは、発展途上国における貧困のない公正な社会をつくるためのお互いの敬意に基づいたパートナーシップの貿易です。対話と透明性、環境保護を大切にしています。
今回はフェアトレードの意義、歴史、成果、そして今後の課題について話していただきます。

@日時:2005年1月14日(金)15:00~17:00
@講師:児玉 克哉 さん
・・・三重大学人文学部教授。名古屋在住。近著に『フェアトレードの話』『はじめての平和学』など。ご自身もフェアトレードコーヒーを愛飲。
@会場:フェアトレード&エコショップ オゾン
※CDICの新事務所も同じ場所です。
  詳しくは→http://www.cdic.jp/access.html

@参加費:無料
@主催:名古屋地球市民セミナー実行委員会
※愛知県国際交流協会国際交流推進事業


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     地域国際活動研究センター(CDIC)
     フェアトレード&エコショップ オゾン
      開所式&オープニングパーティ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

引き続き、オープニングパーティを開催します。ネパールの新鮮なスパイスを使用 したフェアトレードのカレーなどがご賞味いただけます。ぜひご参加下さい!

@日時:2005年1月14日(金)17:00~18:30
@会場:フェアトレード&エコショップ オゾン
※CDICの新事務所も同じ場所です。
  詳しくは→http://www.cdic.jp/access.html
@参加費:1000円(食事、飲物あり)
[PR]
# by SNOJIMA2 | 2005-01-14 15:00 | 県外情報

日本語ボランティア養成講座(四日市市)

四日市市 市町公室 国際課 主催の「日本語ボランティア養成講座」案内です。

詳細チラシ=個人HP「mieko's room」へリンクしました。
ご活用ください。

四日市市では、多文化共生社会を目指して、さまざまな取り組みがされています。

詳細は、下記をごらんください。
四日市市役所 HPの「広報よっかいち」 1月上旬号 
「多文化共生社会を目指して」
http://www.city.yokkaichi.mie.jp/koho/index.html

外国籍市民の日本語習得の支援を行うボランティアのための講座が、今年も開催されます。


 「日本語ボランティア養成講座」
主催:四日市市 市長公室 国際課
共催:四日市市国際共生サロン、財団法人 四日市国際交流協会
 日本語ボランティアを始めようと思う人や経験の浅い人のために、日本語ボランティア養成講座(基本・児童対象コース)
日本語教授法の講座に加え、豊富な日本語教育経験のある講師の講演、実際に地域でボランティアとして活動中の人や日本語を学んでいる外国人の体験談を通して、日本語ボランティアについて学びます。
(HP「広報よっかいち」・暮らしの情報・講座にも掲載中。)

日時 基本コース:2005年2月6日(日)、19日(土)、3月5日(土)
   児童対象コース:2005年2月6日(日)、20日(日)、3月6日(日)
   各コースいずれも 午後1時30分~4時30分 

場所 基本コース: 総合会館7階第1研修室 
児童対象コース: 四郷地区市民センター2階会議室ほか
対象者 これから始めたいと思う人や経験の浅い人

基本コース: ボランティアによる日本語教授法の基本的なことを学びます。
児童対象コース: 外国籍の子どもへの日本語の教えかたを学びます。

定員 各30名(応募多数の場合、市内又は楠町に在住・通勤する人を優先し抽選)
受講料 無料 
  第1回(基本・児童対象コース共通) 2月6日(日)
 ・講演 (名古屋大学留学生センター 尾崎明人教授)
 ・日本語を学んだ外国人、市内で活動している日本語ボランティアの体験談
 
 第2回、第3回
  基本コース 2月19日(土)、3月5日(土)
児童対象コース 2月20日(日)、3月6日(日)
  いずれも、名古屋YWCA日本語セミナー 専任講師

申し込み締切 1月17日(月)(当日消印有効)
申し込み方法 

往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、希望のコース(併願も可能)、志望動機、日本語ボランティア経験の有無と年数を書き,下記へへお申込み下さい。

〒510-8601  市役所国際課「日本語ボランティア養成講座」係
問い合わせ 四日市市 国際課 
Email:kokusai@city.yokkaichi.mie.jp

日本語ボランティア養成講座 第2~3回予定スケジュール
コース、日時・場所、内容

基本コース(総合会館7階第1研修室)
第2回 2月19日(土)13:30~16:30
 "日本語の教え方入門①"(直接法とは)
 ・日本語文法について
 ・クラスの進め方
 ・練習の種類、進め方の紹介
 ・教材紹介
 第3回3月5日(土)13:30~16:30
 "日本語の教え方入門②"(体験)
 ・練習の方法
   絵カードの使い方
   文字カードの使い方   練習の進め方
 ・文型の教え方の体験

児童対象コース(四郷地区市民センター2階会議室)
第2回 2月20日(日)13:30~16:30
  "子供への日本語教育とは"
  ・児童と生徒との教え方の違い
  ・興味を持続させるための工夫、定着の方法
  ・発話の必要性を加えた練習    
  児童への文字・文法の教え方
  ・テキストの紹介と使い方
  ・教材の紹介と使い方(CD、文字カード、
  ・練習シート、小道具など)
  ・ゲームの紹介
 第3回 3月6日(日)13:30~16:30 
  "グループに分かれての話し合いや発表"
  ・文字カードを使って教えてみる。
 ・児童用テキストを使って日本語の文法を教
  えてみる。
  ・カードを使って、ゲームをしてみる。
[PR]
# by SNOJIMA2 | 2005-01-14 00:08 | ・講座・講習