カテゴリ:県外情報( 4 )

地域の国際化セミナー2005「多文化共生-外国人の視点」(名古屋)

(財)名古屋国際センター

◆◇ 地域の国際化セミナー2005「多文化共生-外国人の視点」 ◆◇

日 時:2月19日(土) 10:30~16:15
会 場:名古屋国際センター 別棟ホール
(名古屋市中村区那古野1-47-1 地下鉄桜通線「国際センター」)

趣 旨:
多様な文化を持つ外国人の存在は、新しい地域文化や「まちづくり」の重要なパートナーであるとの認識のもとに「多文化共生」への取り組みが 活発になっています。

特にこの一年、日本経済団体連合会の「外国人受け入れ問題に関する提言」や外務省海外交流審議会の「外国人問題への取り組み」についての答申をはじめ、当地域でも外国人集住都市会議の「豊田宣言」、愛知、岐阜、三重、名古屋の3県1市による「多文化共生社会づくり推進共同宣言」 などが発せられ、政策面でのフレームづくりが進みつつあります。
 
昨年の本セミナーでは、在住外国人自身による地域参画への試みを 発信しましたが、今年はさらにこうした施策づくりにおいて、外国人当事者が 積極的に発言、提案していくことが「多文化共生」の形成に不可欠である ことを確認し、私たちが暮らすこの地域の今後について一緒に考えたいと 思います。

内 容:
10:30~12:00
第一部 講演「エスニックメディアから見た日本に暮らす外国人」
 鎌田ファチマ/(株)インターナショナルプレスジャパン編集部総編集長
鳥羽瀬(とばせ)エベルトン/(株)インターナショナルプレスジャパン東海 地方編集主任

  在住外国人の生活や文化を言語面から支えるエスニックメディアの発展は目覚しいものがあります。ここでは日々の取材の中で多くのブラジル人をはじめとする外国人コミュニティと接点をもつ記者が見聞した、同胞やコミュニティの素顔を伝えてもらうと共に、メディアから見た日本社会、多文化共生の今後の動向や彼ら自身がそこで果たす役割について見解を
述べます。

13:00~16:15
第二部 パネルディスカッション
「私たちは、在住外国人の課題をどう捉えるか?」
   外国人当事者の声をいかに伝えて、施策づくりにも反映させていくか。
個別のケースに対して各分野で(医療・労働・法律・教育・こころ)専門的に関わっている外国人からの視点で、現状と課題を整理し、問題解決に向けて提言を行います。

  <パネリスト>
     中萩M.S.エルザ/在名古屋ブラジル総領事館人民委員会
                Disque Saudeの医師
     田中ネリ/千葉メンタルクリニック臨床心理士
     石川エツオ/弁護士・浜松ブラジル協会代表
     J.アルベルト 松本/外国籍県民かながわ会議元委員、
           労働省日系人雇用サービスセンター元相談員)
     ネストールL.プノ/国際子ども学校(ELCC)校長
  <コメンテーター>
高橋ミルトン稔/名古屋国際センターポルトガル語嘱託職員


主催:(財)名古屋国際センター
共催:(財)愛知県国際交流協会
後援(予定】:愛知県、名古屋市、愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会
多文化共生推進協議会、多文化共生に関する基本法制研究会

対象:多文化共生の地域づくりに関心のある方。
参加費:500円(NIC賛助会員300円)
定員 :200名【要予約・先着順】
申し込み方法:1月18日(火)から電話または、Eメールで受け付け。
(Eメールの場合は、「地域の国際化セミナー参加希望」として、
   住所・氏名・電話番号・所属団体(ある方は)を明記)

申し込み・(問):名古屋国際センター 交流協力課
       電話(052)581-5689 
メールvol@nic-nagoya.or.jp
     【電話での受付時間 9:00から17:00 月曜日休館、
      但し、2月13日(日)は臨時休館)
*******************************

*********************************************************
     ◇◆ IPAA ・外国人入管手続研究会 ◇◆
  (Immigration Procedures Assistance Association) 
【常時外国人のVISA・生活 電話無料相談 090-4110-6697】
  名古屋入管局長承認入国在留審査関係申請取次者
代表・行政書士(Immigration Lawyer)鍵谷 智(Satoru kagiya)
505-0125 岐阜県可児郡御嵩町伏見519-1 郵便口座 00800-5-68962
TEL 0574-67-6306 FAX 67-6732 E-mail kagiya@fsinet.or.jp 
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-02-19 10:30 | 県外情報

日本で暮らす外国人の子育て支援シンポジウム(東京)

日本で暮らす外国人の子育て支援シンポジウム
================================================
多文化共生社会に向けて・・・
 日本で暮らす外国人の子育て支援シンポジウム

ドキュメンタリー映画「ヘンニムの輝き」上映とシンポジウム
================================================
<http://www.tabunka.jp/tokyo/projects/oyako/sinpo.htm>

日本で暮らす外国人の定住化が進む中、外国に背景をもつ子どもや、出産・子
育てをする外国人が増えています。地域で暮らす外国人親子は、言語の違いに
よる情報不足・コミュニケーションの難しさ、文化習慣の違いによる問題、地
域社会からの孤立、いじめなど様々な問題を抱えています。

保健師、保育士、児童館職員、地域ボランティアなどが地域で外国人親子と関
わる機会が増える中、先駆的な活動もでてきましたが、多くが外国人親子の抱
える様々な問題に対応し切れていないのも現状です。
現場で外国人親子に関わる行政、NPO、地域のボランティアなどが枠を超えて
集まり、外国人親子の抱えている問題に対する理解を深め、先行行事やそれぞ
れの現場が抱える課題の共有化や情報交換の場としてシンポジウムを開催しま
す。

日 時:2005年1月30日(日)10:00~16:30
場 所:東京ウイメンズプラザ視聴覚室
    (東京都渋谷区神宮前)
定 員: 80名
参加費:1500円(映画+シンポジウム)
    1000円(映画またはシンポジウムのみ)
対 象:
保育園・児童館・幼稚園・児童相談センターなどの職員、保健師、行政の子育
て支援担当、国際交流教会・NPO・NGO関係者、日本語教室ボランティアなど、
地域で外国人親子と関わっている方(一般参加も可能です)

■内容■
<午前の部> 9:45分会場
10:15 主催者・映画制作者あいさつ
10:30 映画上映会「ヘンニムの輝き」
   (2002年/76分/製作:桜本保育園K&JDocumentary)
   様々な民族などを背景に持つ子どもたちと共に多文化保育を行う桜本保
育園の記録映画
11:50 昼休憩
<午後の部>
13:00 パネルディスカッション「外国人の子育て支援」
パネラー:尹卿恵さん(桜本保育園)
侯曙茜さん(子育て中の中国語法廷通訳者)
永井芳子さん(草の根国際交流の会)
行政関係者(予定)
コーディネーター: 李節子さん(東京女子医大看護学部助教授)
14:45 テーマ別分科会
a)多文化保育を考える 
  コーディネーター:李節子さん
b)外国人親への子育て支援と地域づくり
コーディネーター:田所希衣子
(乳幼児を抱えた学習者etc.に開かれた日本語教室を考える会)

16:00 全体会 (16:30終了予定)

● 李 節子 (り せつこ) さん
東京女子医科大学大学院看護学科助教授。著書に「在日外国人の母子保健」
(医学書院)
● 尹 卿恵 (ゆん きょんへ) さん
川崎・桜本にある多文化保育園を実施する桜本保育園保育士。在日コリアン2世で、
2人の子育て中でもある。
● 永井 芳子 (ながい よしこ) さん
東京・北区の「草の根国際交流の会」で外国人親子の居場所づくりをおこなう「翼
サークル」を地域の保健師とともに立ち上げ、以来10年以上にわたって活動に携
わっている
● 侯 曙茜(こう しょせん) さん
日本で2人の子育て中の中国語法廷通訳者。法廷通訳等での経験から、外国人の子
ども達の抱える問題について、様々な場で講演を行う。
● 柴 香里(しば かおり)さん
新宿区教育委員会社会教育主事。「在日外国人と日本人のための子育てセミナー」
を立ち上げ、地域で暮らす子育て中の外国人と日本人が集える講座を定期的に行って
いる。
● 田所 希衣子(たどころ きいこ) さん
「乳幼児を連れた学習者 etcに開かれた日本語教室を考える会」事務局。全国の日
本語教室で子どもを持つ外国人親の受け入れについて調査を実施。

映画:「ヘンニムの輝き」内容
 神奈川県川崎市桜本。京浜工業地帯の真ん中にあるここは、安価な労働力と
して使われた人々とその二.三代目が多く暮らす、在日韓国・朝鮮人の多住地
域である。そしてここに『ヘンニムの輝き』の子ども達が通う桜本保育園があ
る。 桜本保育園は、1969年キリスト教の言葉「隣人を愛せよ」の言葉をもと
に設立されたのちに、アジア、中国、南米から移住労働者が急増し、時代の波
と共に民族保育から多文化共生保育に発展させていった。現在、定員60名のこ
の小さな保育園にはたくさんの民族背景をもつ子ども達が集まっている。本作
品『ヘンニムの輝き』は、その桜本保育園の2000年ヘンニム組の一年間の
ドキュメントである。

参加申込方法:
お申込みは、Eメール、お電話、FAXで受け付けております。
EメールあるいはFAXでお申込みの場合は、以下の項目をお書き添えの上下記の
番号までお知らせください。

■ 参加希望(映画/シンポジウムとも・映画のみ・シンポジウムのみ)
■ お名前
■ ご所属
■ 地域(23区内・○○区/その他)

返信先Eメールアドレス:cmia-tk@tctv.ne.jp
NPO 多文化共生センター・東京21(CMIA)
http://www.tabunka.jp/tokyo/
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-01-30 10:00 | 県外情報

多文化共生サークルsmile 文化交流会(番外編)

多文化共生サークルsmile 文化交流会(番外編)
日本の難民事情
~気づき・学び・考え・つながろう~

本当の多文化共生社会を考えるには、様々な人と出会い、様々な考えを知るべきで。
例えば、難民。メディアでは流れないけど、本当は重要な問題のひとつじゃないかな。
「名古屋って難民が多い地域なんだよね~」
「自由を求めてきたはずなのに、監獄(=入管)に入れられるなんて…」
えっ!? 名古屋に難民が?…っていうか、日本に難民がいるの!?
日本にいる難民は、どこにいるの?どんな扱いを受けているの?どんな生活をしているの??

知らなかった事実にふれ、気づき・学び・考え・つながりませんか。
関西で難民支援を行っている「RAFIQ」の代表、青木 孝嗣さんをゲストに迎え、日本の難民の現状やアフガン訪問などの活動報告をどんどん聴きましょう。
そして、一緒に考えましょう。

コーディネーターは名古屋NGOセンター開発教育ファシリテーターの桜井 温子さん。
このような多文化共生サークルsmileの文化交流会(番外編)、皆様の参加を待っています。


日時:2005年1月22日(土曜日) 6時半~9時   
     
場所:なごやボランティアNPOセンター 集会室   
* 地下鉄・伏見6番出口より、南(大須方面)へ徒歩5分ほど。
* 一階に消防車があるビル(伏見ライフプラザ)の12Fです。
会費:300円(会場費、資料代)

コーディネーター:桜井温子(名古屋NGOセンター開発教育ファシリテーター)

ゲスト:青木孝嗣(RAFIQ・在日難民との共生ネットワーク代表)

〈プロフィール〉
9.11後に活動開始。初海外でアフガン。帰国後、RAFIQを立ち上げ、西日本入国管理センターの処遇改善や法務省への申し入れ、日本・アフガンの小学生交流プロジェクト、アフガン報告など行う。

問い合わせ:HP → http://www.n-smile.org
メール→ shocchin0124@hotmail.com 希代翔(smile代表)
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-01-22 18:30 | 県外情報

2005身近な国際協力フェアトレード 理論編 (名古屋)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  2005身近な国際協力フェアトレード 理論編
       ~フェアトレードってなあに?~
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

身近な国際協力の手法として注目を集めるフェアトレードについての連続講座を行います。フェアトレードとは、発展途上国における貧困のない公正な社会をつくるためのお互いの敬意に基づいたパートナーシップの貿易です。対話と透明性、環境保護を大切にしています。
今回はフェアトレードの意義、歴史、成果、そして今後の課題について話していただきます。

@日時:2005年1月14日(金)15:00~17:00
@講師:児玉 克哉 さん
・・・三重大学人文学部教授。名古屋在住。近著に『フェアトレードの話』『はじめての平和学』など。ご自身もフェアトレードコーヒーを愛飲。
@会場:フェアトレード&エコショップ オゾン
※CDICの新事務所も同じ場所です。
  詳しくは→http://www.cdic.jp/access.html

@参加費:無料
@主催:名古屋地球市民セミナー実行委員会
※愛知県国際交流協会国際交流推進事業


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
     地域国際活動研究センター(CDIC)
     フェアトレード&エコショップ オゾン
      開所式&オープニングパーティ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

引き続き、オープニングパーティを開催します。ネパールの新鮮なスパイスを使用 したフェアトレードのカレーなどがご賞味いただけます。ぜひご参加下さい!

@日時:2005年1月14日(金)17:00~18:30
@会場:フェアトレード&エコショップ オゾン
※CDICの新事務所も同じ場所です。
  詳しくは→http://www.cdic.jp/access.html
@参加費:1000円(食事、飲物あり)
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-01-14 15:00 | 県外情報