カテゴリ:・講座・講習( 13 )

未来の子ども達のために(JICA開発教育指導者研修・初級編) 

平成17年度三重県国際理解教育教師研修会
                (JICA開発教育指導者研修・初級編)
   未来の子ども達のために 

昨年7・8月に行われた同講座では、三重県国際交流員によるワークショップ、実際に学校で行われた授業の内容等を紹介し、大きな反響を呼びました。今年度も、県内4ヶ所で、国際理解教育の実践紹介や、ゲーム、ワークショップを行います。国際理解教育の楽しさ、実効性を実感してみませんか?

日時・場所:7月25日(月) 津市    三重県勤労者福祉会館
対象:小・中・高校・盲聾養護学校教員.自治体関係者
     NPO/NGO関係者、JICAボランティアOB・OG、大学生、一般
参加料:無料
定員:30名(先着順)
詳細はこちらの国際室HPでご確認ください。
http://www.pref.mie.jp/KOKUSAI/HP/お問合せ
◎三重県生活部国際室
〒514-0009津市羽所町700アスト津3階
◎三重県JICAデスク(三重県国際交流財団内)湯木
〒514-0009津市羽所町700アスト津3階

※ お申込みは、開催日の1週間前までに、三重県生活部国際室までお願いします。

【その他の会場】
 8月 8日(月) 松阪市   松阪地方県民局
 8月22日(月) 四日市市 四日市勤労者総合福祉センター
 8月25日(木) 伊賀市   伊賀地方県民局
     すべて10:00~16:00
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-06-30 19:57 | ・講座・講習

教職員のためのポルトガル講座(三重)

教職員のためのポルトガル講座(三重)
日時 8月12日(金) 9時30分から16時
場所 鈴鹿市清和公民館
募集人員 40名
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-06-23 21:51 | ・講座・講習

三重県在日外国人教育研究協議会総会 「第7回学習会」

2005/7/16(土) 受付13:15~
「三重県在日外国人教育研究協議会総会」
「第7回学習会」
場所:三重県人権センター 大セミナー室
資料代500円
受付13:15~開会13:45
学習会 講師 四日市市立笹川東小学校
遠藤オズワルド篤さん 演題「外国人児童の学校生活」
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-06-23 21:28 | ・講座・講習

初めての人の医療通訳研修会 /スペイン語通訳

2005/7/4~全5回  
初めての人の医療通訳研修会 /スペイン語通訳
詳細・申込書→(財)三重県国際交流財団HP http://www.mief.or.jp/
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-06-23 21:25 | ・講座・講習

医療通訳のスキルアップ研修会 /ポルトガル語通訳

2005/7/4~全3回
医療通訳のスキルアップ研修会 /ポルトガル語通訳
詳細・申込書→(財)三重県国際交流財団HP http://www.mief.or.jp/
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-06-23 21:23 | ・講座・講習

第1回外国人窓口担当者等研修会(三重)

2005/6/25(土) 10:00~16:00
第1回外国人窓口担当者等研修会
外国語での対応の体験や実際の話を聞くことで、外国人へのよりよいサービスについて 考えるとともに、通訳として伝えることの難しさや重要性について学ぶ。

場所:アスト津イベント情報コーナー
費用:会費として1,000円(第2回、第3回も有効)*賛助会員は無料
締め切り:6月15日(水)
詳細・申込書→ http://www.mief.or.jp/
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-06-23 21:20 | ・講座・講習

「MIEF実践研究会」

「MIEF実践研究会」
○ 対象者
外国籍児童生徒担任及び担当の教職員をはじめ全職員
○定員 各40名
○ところ  アスト津4階 橋北公民館 研修室A(変更あり)
第1回実践研究会
  講座1  あなたがもし日本語を教えることになったら…
           -初めての日本語指導、どうしよう?-
  講座2  教材作成、教材活用方法
~・~・~
(※第2回実践研究会)
 平成17年7月29日(金)  10:00~12:00
 あなたも異言語を体験、外国語の教科書で勉強だ!

(※第3回実践研究会)
 平成17年7月29日(金)  13:00~16:30
 私たちも作ってみよう、活動例!
☆ 基本的に第2回、第3回は通しで参加を受付ます。

(第4回実践研究会)
 平成17年11月14日(月)  13:30~16:30
     「みえこさんのにほんご」を使って
        -ふりかえってみよう日本語指導―
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-06-23 21:16 | ・講座・講習

スペイン語講座(津・三重)「プエブロひろば」

「プエブロひろば」

2005 4月~スペイン語講座のご案内(津)
入門(ABC) 初級(経験者)~(Amimo) 中級~(Camino)
詳細は下記「プエブロひろば」HPをご覧ください。

「プエブロひろば」(旧プエブロペルーの会)
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-04-01 08:56 | ・講座・講習

外国にルーツをもつ子どもたちへのサポートセミナー箕面市

外国にルーツをもつ子どもたちへのサポートセミナー (全3回)
場所:箕面市国際交流協会(箕面市役所豊川支所2階)


渡日の日本語を母語としない子どもたちは、家庭や学校で生活を送る上で、どのような喜び、悲しみ、悩みをもっているでしょうか?
学校、日本語教室、地域でサポートしている人があつまり、実情や課題、工夫できることを学び、考えあいます。


●日時:①2005年1月14日(金)午後7時~9時
       「異文化について学ぶワークショップ」
       ODEN:大阪多様性教育ネットワーク 中まつ美智子さん、西垣光代さん


     ②1月28日(金)午後7時~9時
      「多文化な子どもたちの現状、母語とアイデンティティについて」
       帝塚山大学教授 太田晴雄さん

     ③2月4日(金)午後7時~9時
      「サポートの現場から 生活言語と学習言語などについて」
       大阪外大JFCボランティアチーム アドバイザー 加藤恵美子さん
    
     ※1回のみの参加もできます。

●場所:箕面市国際交流協会(箕面市役所豊川支所2階)
     <アクセス>
     「千里中央」から阪急バス(5番乗場)、または阪急「北千里駅」から阪急バス(5・6番乗場<粟生団地、外大前、間谷住宅 行>)で「豊川支所前」下車 徒歩1分
     阪急「石橋駅」、またはJR「茨木駅」から阪急バスで「小野原」下車 徒歩5分
●参加費:無料
●主催:箕面市、(財)箕面市国際交流協会
●後援:箕面市人権教育研究会、箕面市在日外国人教育研究会
●助成:(財)自治総合センター
●問合せ/申込み:下記申込み内容をTEL、FAX、E-mailにて(財)箕面市国際交流協会まで
            TEL 072-727-6912 FAX 072-727-6920 E-mail info@mafga.or.jp

●講師や所属する団体の紹介
◇ODEN(大阪多様性教育ネットワーク)では、多様性教育のワークショップをしたり、職場・地域の学習会にファシリテーターを派遣します。
多様性教育とは、人が抱いているさまざまな偏見と戦い、差別のない世界創造を追及するための教育です。制度によって支持されたり、認められたり、強制されたりしたある集団に対する偏見、「○○差別」「○○主義」の中には、部落差別・人種差別・性差別・ユダヤ人差別・年齢差別・同性愛者差別・障害者差別・階級差別などさまざまなものが含まれます。
子どもにせよ大人にせよ、人はそうした「○○差別」を教え込まれ吸収してきました。多様性教育を通じ、参加者は、それを責められることなく、もっと正確で偏見のない情報を提供され、自分自身や他者を変える力が自分にあることを信じられるように支援されて初めて、自分の差別意識をぬぐうことが可能であると気づくのです。自覚から行動につながる学習をワークショップで行います。 (ホームーページより抜粋 http://www5d.biglobe.ne.jp/~oden/)

◇太田晴雄さんは現在、帝塚山大学人文科学部教授で、著書には『日本人の国際化』(日本経済新聞社、1990年)、『世界の学校』(福村出版、1995年)、『多文化教育』(明石書店、1998年)、『ニューカマーの子どもと日本の学校』(国際書院、2000年)などがあります。
日本語を母語としない子どもが多く通う愛知県豊橋市で実施したフィールドワークなどを元に、日本の学校の中の子どもたちや、学校教育をめぐる諸問題についてお話いただきます。

◇大阪外大JFCボランティアチームは、公立の小・中学校に在籍する日本語学習や教科学習の支援を必要としている外国人児童生徒のためにボランティアを行っている団体です。
このボランティアチームの名前がJFC(Japanese For Children)となっているのはこのためです。大阪外国語大学の学部生、院生が中心となり、大学で学んだ知識を生かし、外国人児童生徒への日本語・教科支援を通じて地域に貢献したいという目標を持って立ち上げました。
今年度のメンバーは40名で、現在は箕面市、茨木市内の小・中学校での日本語学習・教科学習支援に取り組んでいます。 (ホームページより抜粋 http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Circle/5370)
そのグループのアドバイザーとして関わっている加藤恵美子さんにサポートの現場についてお話いただきます。

          ●●申込み●●

  お名前
  所属
  参加希望日 ( )1/14 ( )1/28 ( )2/4
  連絡先(もしよろしければ) TEL
                   FAX
                   E-mail

 
*******************************************
財団法人箕面市国際交流協会(MAFGA) 担当:森井、今峰
Minoh Association for Global Awareness
〒562-0023 大阪府箕面市粟生間谷西1-2-1
TEL 072-727-6912 FAX 072-727-6920
E-mail info@mafga.or.jp
HP http://www.mafga.or.jp
開所 月~土曜日9:00~17:15(祝日、年末年始除く)
*******************************************
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-01-14 19:00 | ・講座・講習

日本語ボランティア養成講座(四日市市)

四日市市 市町公室 国際課 主催の「日本語ボランティア養成講座」案内です。

詳細チラシ=個人HP「mieko's room」へリンクしました。
ご活用ください。

四日市市では、多文化共生社会を目指して、さまざまな取り組みがされています。

詳細は、下記をごらんください。
四日市市役所 HPの「広報よっかいち」 1月上旬号 
「多文化共生社会を目指して」
http://www.city.yokkaichi.mie.jp/koho/index.html

外国籍市民の日本語習得の支援を行うボランティアのための講座が、今年も開催されます。


 「日本語ボランティア養成講座」
主催:四日市市 市長公室 国際課
共催:四日市市国際共生サロン、財団法人 四日市国際交流協会
 日本語ボランティアを始めようと思う人や経験の浅い人のために、日本語ボランティア養成講座(基本・児童対象コース)
日本語教授法の講座に加え、豊富な日本語教育経験のある講師の講演、実際に地域でボランティアとして活動中の人や日本語を学んでいる外国人の体験談を通して、日本語ボランティアについて学びます。
(HP「広報よっかいち」・暮らしの情報・講座にも掲載中。)

日時 基本コース:2005年2月6日(日)、19日(土)、3月5日(土)
   児童対象コース:2005年2月6日(日)、20日(日)、3月6日(日)
   各コースいずれも 午後1時30分~4時30分 

場所 基本コース: 総合会館7階第1研修室 
児童対象コース: 四郷地区市民センター2階会議室ほか
対象者 これから始めたいと思う人や経験の浅い人

基本コース: ボランティアによる日本語教授法の基本的なことを学びます。
児童対象コース: 外国籍の子どもへの日本語の教えかたを学びます。

定員 各30名(応募多数の場合、市内又は楠町に在住・通勤する人を優先し抽選)
受講料 無料 
  第1回(基本・児童対象コース共通) 2月6日(日)
 ・講演 (名古屋大学留学生センター 尾崎明人教授)
 ・日本語を学んだ外国人、市内で活動している日本語ボランティアの体験談
 
 第2回、第3回
  基本コース 2月19日(土)、3月5日(土)
児童対象コース 2月20日(日)、3月6日(日)
  いずれも、名古屋YWCA日本語セミナー 専任講師

申し込み締切 1月17日(月)(当日消印有効)
申し込み方法 

往復はがきに住所、氏名(ふりがな)、年齢、電話番号、希望のコース(併願も可能)、志望動機、日本語ボランティア経験の有無と年数を書き,下記へへお申込み下さい。

〒510-8601  市役所国際課「日本語ボランティア養成講座」係
問い合わせ 四日市市 国際課 
Email:kokusai@city.yokkaichi.mie.jp

日本語ボランティア養成講座 第2~3回予定スケジュール
コース、日時・場所、内容

基本コース(総合会館7階第1研修室)
第2回 2月19日(土)13:30~16:30
 "日本語の教え方入門①"(直接法とは)
 ・日本語文法について
 ・クラスの進め方
 ・練習の種類、進め方の紹介
 ・教材紹介
 第3回3月5日(土)13:30~16:30
 "日本語の教え方入門②"(体験)
 ・練習の方法
   絵カードの使い方
   文字カードの使い方   練習の進め方
 ・文型の教え方の体験

児童対象コース(四郷地区市民センター2階会議室)
第2回 2月20日(日)13:30~16:30
  "子供への日本語教育とは"
  ・児童と生徒との教え方の違い
  ・興味を持続させるための工夫、定着の方法
  ・発話の必要性を加えた練習    
  児童への文字・文法の教え方
  ・テキストの紹介と使い方
  ・教材の紹介と使い方(CD、文字カード、
  ・練習シート、小道具など)
  ・ゲームの紹介
 第3回 3月6日(日)13:30~16:30 
  "グループに分かれての話し合いや発表"
  ・文字カードを使って教えてみる。
 ・児童用テキストを使って日本語の文法を教
  えてみる。
  ・カードを使って、ゲームをしてみる。
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-01-14 00:08 | ・講座・講習