多文化共生サークルsmile 文化交流会(番外編)

多文化共生サークルsmile 文化交流会(番外編)
日本の難民事情
~気づき・学び・考え・つながろう~

本当の多文化共生社会を考えるには、様々な人と出会い、様々な考えを知るべきで。
例えば、難民。メディアでは流れないけど、本当は重要な問題のひとつじゃないかな。
「名古屋って難民が多い地域なんだよね~」
「自由を求めてきたはずなのに、監獄(=入管)に入れられるなんて…」
えっ!? 名古屋に難民が?…っていうか、日本に難民がいるの!?
日本にいる難民は、どこにいるの?どんな扱いを受けているの?どんな生活をしているの??

知らなかった事実にふれ、気づき・学び・考え・つながりませんか。
関西で難民支援を行っている「RAFIQ」の代表、青木 孝嗣さんをゲストに迎え、日本の難民の現状やアフガン訪問などの活動報告をどんどん聴きましょう。
そして、一緒に考えましょう。

コーディネーターは名古屋NGOセンター開発教育ファシリテーターの桜井 温子さん。
このような多文化共生サークルsmileの文化交流会(番外編)、皆様の参加を待っています。


日時:2005年1月22日(土曜日) 6時半~9時   
     
場所:なごやボランティアNPOセンター 集会室   
* 地下鉄・伏見6番出口より、南(大須方面)へ徒歩5分ほど。
* 一階に消防車があるビル(伏見ライフプラザ)の12Fです。
会費:300円(会場費、資料代)

コーディネーター:桜井温子(名古屋NGOセンター開発教育ファシリテーター)

ゲスト:青木孝嗣(RAFIQ・在日難民との共生ネットワーク代表)

〈プロフィール〉
9.11後に活動開始。初海外でアフガン。帰国後、RAFIQを立ち上げ、西日本入国管理センターの処遇改善や法務省への申し入れ、日本・アフガンの小学生交流プロジェクト、アフガン報告など行う。

問い合わせ:HP → http://www.n-smile.org
メール→ shocchin0124@hotmail.com 希代翔(smile代表)
[PR]
by SNOJIMA2 | 2005-01-22 18:30 | 県外情報
<< 1月23日(日)ブラジル人を対... 多文化共生検討会(鈴鹿) >>